Thursday, September 05, 2013

Timeless Time


目黒のブリッツギャラリーでの、セイケさんの新作の写真展が、いよいよ迫ってきました。会期は2013年9月14日(土)から12月7日(土)までです。今回の個展の写真は、すべてプラハで撮影されました。これらの写真が撮られた時、そのすべてを僕はセイケさんの背中越しに見ていましたので、感慨深い写真展となりそうです。 9月15日(日)の午後には、僕とセイケさんでトークイベントを行います。誰でも撮れそうなのに、決して撮れないセイケさんの写真。それは何なのかに迫ってみたいと思います。お時間がありましたら、ブリッツギャラリーのサイトからお申込みください。セイケさんとの、プラハでの撮影については、こちらに記しています。

Sunday, July 14, 2013

桐島ローランドという男


親友の桐島ローランドが、次の参院選に「みんなの党」の公認候補として立候補しました。

幅広い仕事を手がけているローリーですから、多くの関係者との間で調整が続き、最終的に、彼が候補者になることが決定するまで、ずいぶんと時間がかかりました。また、仕事関係のことだけではなく、家族のことも含め、ローリーは本当に悩んだことだと思います。身近にいるものとしても、その悩む姿を見守るしかありませんでした。

そんな中、出馬するとなったら公示日まで時間もないしということで、先に小暮徹さんにポートレートを撮ってもらうことにしました。いつもは撮る側のローリーが撮られる側になり、僕もローリーの後ろではなく小暮さんの後ろに立って、「これでいいかな」と皆と相談しながら撮影を終えました。

その撮られる側のローリーの姿を見ていて、こいつはすでに決意を固めている、ということが、僕にはわかりました。さらに、自分が特定の政党から出馬することで、どれだけの人に迷惑をかけることになるかを知っている。そういう迷惑を引き起こすのであれば、という逡巡が、彼の中で駆け巡っているのが僕にはわかりました。

しかしそれは「負けたらどうしよう」ということではありません。自分を今まで支えてきてもらった人たちへの恩義と、それを裏切ることになるかもしれない事への躊躇です。いま負っているものへの、この責任感の強さ。それこそが桐島ローランドのすべてではないかと僕は思います。そして彼の眼に、すでにこの時点で政治家の眼をしていると感じました。だから僕は友人として、彼をどこまでも応援しようと決めたのです。

さて、選挙も中盤戦から後半戦という時期になりました。そこで、なぜ桐島ローランドは、「みんなの党」から立候補したのか。それについて、誰もが納得した話を書いておこうと思います。

桐島ローランドは本当に社会を変えたいと思っています。そして、先に書いたように、責任感のとても強いローリーは、「政治ごっこ」や「評論家」ではなく、本当に社会を変えていくのに、一番重要なものは何なのかを何度も何度も自問したはずです。

原発をなくす。

たとえば彼が掲げる政策の最重要項目である「原発ゼロ」。このひとつの目標に向かって、何をどうして行けばいいのか。これまでも原発についてfacebookやtwitterでずっと問題を喚起してきたローリーが、政治家という、もう一段上の次元に立とうとしたとき、責任感の強いローリーは、それを「本当に実現出来すること」を選んだのです。そして、本当に実現するには何が必要か。そこを徹底的に深堀りし始めました。そこで出した結論は、次のことです。

国会に法案を提出する。

これ以外に原発をなくす筋道はないのです。あらゆる既得権益がもつれた糸玉のように絡み合った電力エネルギー分野。そこに向け、どれだけ声を上げても、何も変わらないのです。これは311以後を見れば誰でも理解できることです。

唯一の道は、法案を提出出来る政党に席を置き、そこで積極的に関係各所に働きかけ、どんなに抵抗されても道を切り開いていく。その道筋に、一筋の光明を見たからこそ、桐島ローランドは「みんなの党」から出馬したのです。

先の国会で「みんなの党」は議員立法20件、他党との共同提案36件もの実績があります。それに対して共産党は合計でたったの4件しか法案を出せていません。「まかせてください」と言うのは、「法案を出します」ということなのです。もっと言えば、法案を出せない政党の候補者や、無所属のひとりの候補者に、「まっとうなことを言っているな」と思って投票しても、その一票は生かされないのです。

イデオロギーでは原発はなくならない。実際の電力コストを計算したら、安いと思われている原発の発電による電力は公表値の倍以上になり、シェールガス等のコストとなんら変わらない。そうした実際の経済性を具体的に演説で話しているのは桐島ローランドだけです。

そして、法案を出すことをミッションにしているかどうか、他の立候補者の演説を確かめてみてください。

ローリーは、ずっと自立・独立して自分の生活を切り開いてきた人です。だからこそ「言ったことはなしとげる」。それしか彼の生きる道はなかったのです。そしてそれは今後も変わらないでしょう。組織に属するとなっても、その意味をしっかりと自分のものにする。そして切り拓き、かならず目標を越える。その彼が持つ強い責任感を理解していただけたらと思います。

桐島ローランド・オフィシャルサイトに、政策を掲げています。どうかご一読ください。


Tuesday, March 19, 2013

Magazine "F5.6" vol.7

枻出版社から発刊されているカメラ専門雑誌「F5.6(エフゴーロク)」の第7号が発売されました。

この号の巻頭6Pにわたって、セイケトミオさんがプラハでDP3 Merrillを使って撮影された写真が掲載されています。

これらの写真は、DP3 Merrillのカタログで使用したものと撮影データとしては同じもので、それをベータ版のPhoto Pro5.5でモノクロ現像されたものです。

これまでこのセイケさんの作品ページはライカのカメラで撮られてきましたので、被写体は違うにしろ、以前の号の、それらの写真との違いは、見る方が見れば十分に読み取れるのではないかと思います。

シグマ側に立って言えば、まったく遜色ない、というのが僕の正直な感想です。もっと言えば、価格で言えば10倍するカメラでなくても同等の「作品」が撮れるということを証明してしまった、ということにもなり、これはDPシリーズの持つポテンシャルを信じてきた僕にとってはとてもうれしい出来事です。

煙突の写真はスヴォルノスティの廃墟の中から撮影した光景です。この場所に辿り着くまでにセイケさんと人気のない階段を恐る恐る登ったのが思い出されます。見開きのクラシックカーとの出会いも衝撃的でした。8Pはプラハの写真の神様が降臨した瞬間。そしてカタログにはカラーで掲載した最後の石畳と犬のカット。どの写真も、そこにいた僕は特別な思いを持ってしまい、胸が熱くなってしまいますが、モノクロームに仕上げられた素晴らしい写真を、ぜひ書店で手に取って見て頂けたらと思います。

それから自分ごとになりますが、同じ号に僕へのインタビュー記事が掲載されました。タイトルは「シグマDP3メリルという独創性 シグマが私たちの心を掴むもうひとつの理由 INTERVEW / 福井信蔵氏(アートディレクター)」という仰々しいものですが、シグマの山木社長の意を汲みながら、これまで行なってきたシグマのカメラ群へのブランディング方針と、その具体化について語らせていただきました。インタビューでは、「宇宙でも書けるスーパーボールペンではなく、最高の鉛筆」という一言に色々な思いを込めました。セイケさんの写真と合わせて読んで頂けたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

Saturday, March 02, 2013

SIGMA DP3 Merrill : Prague

巨匠・セイケトミオさんに、SIGMA DP3 Merrillのデビューを飾る写真をお願いし、訪れることになった古都・プラハ。「これが現時点での最新です」と受け取ったDP3をプラハで手渡し、2012年11月20日から、セイケさんとの撮影が始まりました。問題の多いベータ機という未完成のSIGMA DP3 Merrillを渡されながら、あれほどの写真を残してくださったセイケさんへの感謝は言葉に出来ません。

自分の撮影メモを紐解くと、初日にこう書いています。
「初日メモ。憧れの写真家と過ごした12時間。朝8時半にホテルに来てくださり、そこからラウンジで2時間、まずはカメラを手渡して設定の確認と機能の説明をひととおり。そのあとDPシリーズに与えてきたコンセプトと、今回のプロジェクトの大きなフレーム、さらに清家さんの写真から受けている印象を、もう一度しっかりと話す。彼の写真を自分なりに分析し、その特徴とも言えるところを彼に面と向かって言うのは正直ものすごく緊張する行為だった。話している間じゅう、無表情に近い顔、強い目線。怖い。最後までじっと僕の話を聞いて、「すべて了解。アタマに入れました」という返事。ほっとする。そして次にセイケさんの口から出たのは、どうやってそれを実現するかという、具体的なプランと、出来なかったときのリスクについて。なんという理解力。なんという器の大きさ。写真家となってからプロモーションのために写真を撮るのは初めてだ、と聞いたが、それは本当なのかと思う。この人にかけるしかないという思いが正しかったと、この段階で思える。本当にありがたい。奇跡に近いと思う」。
後で理解したことですが、「プロモーションのために写真を撮る」かどうかなどという以上に、セイケトミオという写真家が、写真を撮るための姿勢と集中力は遥かに高いのです。あたりまえのことですが、これまですべてご自分で計画され、実行され、撮れたか撮れなかったの結果もすべて自分の責任となる。そうした、厳しくも本物の、「写真家」の持つレベルの高さの片鱗に触れながら、この時はまだその高みを理解出来ていませんでした。

さらに、以前、このブログに記したことがありますが、ベータ機での撮影はストレスの多いものです。プラハでのカメラも様々な問題を抱えていました。でも愚痴ひとつ言わず、「シグマの山木社長が納得してくれる写真撮らなきゃねー」と、にこやかに僕に接してくださいました。さらに僕に向けて様々な会話を通して、「写真を撮る前に、撮る自分を正すことが先」ということを教えてくださいました。カタログとサイトに記した「純朴という名の郷愁」のエピローグは、まさにそういうかたちで頂いた言葉をそのまま載せたものです。

自分ごとで言えば、セイケさんが撮影される後ろから、僕も初めてのDP3 Merrillを使いながら写真を撮りました。枚数だけはそれなりに撮りましたが、セイケさんが撮られた写真を見せてもらうたび、自分がいかにダメかを思い知らされました。セイケさんは見るまでもなくダメなのをご存知なので「どんなの撮れたの」とは言わずにいてくださる紳士なのです。その優しさのおかげで、僕は変に落ち込まず、あきらめもせず、投げやりにもならず、何がダメなのかを毎晩考え、自分なりに工夫しながら撮ることを続けました。でも翌日、同じ場所でセイケさんが撮られた写真を見て「すげー」と同時にガックリ…。それを毎日繰り返しながら、言葉にしがたいものを得ました。

そしてプラハでの撮影から東京に戻ってきて、「あ、世界が違う」と感じました。うまく言えませんが、「東京」から出発したのに、戻った「東京」が、出発した「東京」ではない。そんな感じです。眼が変わってしまった。見えているものの中で「見るべきもの」がハッキリと認識出来ている。まさに別次元です。完全に世界が変わってしまいました。「写真と言うのは自分を写すことだ」というセイケさんの言葉を、一生懸命、咀嚼しようと努めただけで、世界が変わってしまいました。

でも、これは、まさに僕が望んでいたことなのです。まさかこんなカタチで自分事に出来るとは驚きでした。ここまで自分を大きく変えるとは思っても見ませんでしたが、僕がSIGMA DP3 Merrillで写真を撮ってもらえませんかとセイケさんにお願いした時、セイケさんに託した「写真の持つチカラ」を、まさか、というほどに我が身に得ることが出来た。そして「この思いは、写真に対して意識のある人にはきっと伝わる」という確信にも繋がりました。これほどの強烈な経験は、僕にとってはアヴェドンを育てたブロドヴィッチとの出会い以来でした。

セイケさんが写真に残している「セイケトミオ」とは何か。写真とは何か。それに気づくには、ただただセイケさんの写真に無の心で対峙すれば、誰にでもわかることだと思います。そこで「わからない」のは、見る人の心の問題であって、セイケさんのせいではない。見る側がすべてを脱ぎ捨て、写真家が撮った時の「心」に触れようとすれば、僕が得たものと同じものをきっと得ることが出来ると思います。

セイケさんから得たもの。それを言葉にするのには、もう少しかかります。それほどに僕にとってそれは大切なものなのです。言葉に出来る時がきたらまた書きます。


■このエントリーに用いた写真について : 最初の写真は、プラハでずっと見続けたセイケさんの背中です。セイケさんは街中でも常に集中されていますが、さらに「撮る!」と決めた瞬間から、ものすごい集中が始まることを、いつも背中から感じていました。それを撮りました。二枚目の使いこまれたチューバの写真は、僕はきっと一生忘れないだろうな、という僕だけの大切な思い出が深く重なっています。それを心に置きながら現像したものです。撮ったときは無心でした。でも後に深く学ぶこととなった写真です。

Wednesday, February 27, 2013

54歳になりました。

気がつくと誕生日を迎えていました。「おめでとう」と言ってくださった皆さん、ありがとうございます。天気も良かったので、DP3 Merrillを片手にグリィと一緒に散歩に行き、穏やかな時間を過ごすことができました。

歳を刻むこの一年、2012年の2月24日からの一年を振り返ると、沢山の経験の思い出が自分に刻まれています。そうした経験を与えてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。

2009年、50歳になったとき、やりたいことが加速度的に増えている、と書いています。その増えていた「やりたいこと」のひとつに、「ちゃんと写真を撮れるようになる」がありました。「ちゃんと」という言葉は曖昧ではありますが、今日の自分と対峙してみると、この3年で得た経験の中で、色々なものを自分の中に落とし込めたような気がしていますし、その「ちゃんと」を、本物の「ちゃんと」にしていく道筋も得たようにも思います。

2012年、モロッコでの撮影で僕は「人を撮る」に意図的にフォーカスしました。そこで得たものは「物語」の重要性。そしてそれはオレゴンでの撮影にも強く反映され、ポール・タッカーさんとの対話によって「象徴性」とは何かを得ました。そして昨年最後のロケとなったプラハ。セイケ・トミオという偉大な写真家との時間によって、ただ「撮る」という行為を繰り返すだけでなく、「何を残すのか」をしっかりと考えるようになりました。そしてその考えは、自分の生き方そのものにも強く影響を与えたようです。

人は「誰かにその存在を求められている」ことを頼りに、明日も生きて行こうとするのでしょう。しかし歳を重ねていくことで、必ずその求めは少なくなって行くのだとも思います。ただ、ここで言いたい「求められること」とは、忙しい中に自分を置いているのかどうか、ということではありません。そういう居場所を指すものではないのです。そうではなく、何を残して行くか。うまく言えませんが、のちに求められるものを残せるのか、なのです。

そこには誰かと較べて、というような尺度はありません。自分で何かを残していく。それを決めるのは自分です。得たものを、得ただけで終わらせずに「残す」。自分が信じるものを残して行く。とても抽象的な言い方ですが、それが自分のこの先の生き方の土台に据えるべきこと、と、そういう気がしています。

グリィに「風が冷たくなってきたし、帰ろうか」と言いながら、駐車場に向かって歩いているとき、振り返ると、落ちんとする陽光が照り返しながら自分とグリィに向けて輝いていました。もう一度背筋を伸ばし、明日を生きて行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


Thursday, February 21, 2013

SIGMA DP3 Merrill : Now Out


いよいよ明日、SIGMA DP3 Merrillが発売になりますね。

構想が噂されつつも、一度はあきらめていた中望遠レンズ搭載機が実現し、さらにシリーズ最高のレンズ性能を纏っての登場。これには僕も本当に驚きました。さらに、セイケトミオさんとのプラハでの撮影を通して、DP Merrillシリーズにこの一台が加わったのは、本当に素晴らしいことだなと実感しました。

これで、「一眼レフカメラSD1 Merrillの性能を、そのままコンパクトに収め、いつでもどこでも最高の作品作りが出来るカメラ」というコンセプトを持つ、SIGMA DP Merrillシリーズが三兄弟となりました。広角のDP1 Merrill、標準のDP2 Merrill、そしてこの中望遠のDP3 Merrill。このどれもが、中版カメラで撮られた写真を凌ぐ、凄まじい描画を見せ、他を圧倒する写真を撮らせてくれる「唯一無二」のカメラたちです。さらに、この画質を実現するカメラを、10万円以下で提供するのは、ホントすごいことだと思います(レンズ付きですからね!感謝!)。

シグマの山木社長、DP3 Merrillの開発に関わったみなさま、発売、おめでとうございます!

→ SIGMA DP3 Merrill : オフィシャル ティザーサイト
→ SIGMA DP3 Merrill : オフィシャル スペシャルサイト
→ SIGMA DP3 Merrill : オフィシャル 実写ギャラリー
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 1
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 2
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 3
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 4
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 5
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 6

Sunday, February 17, 2013

SIGMA DP Merrill Series : 画角比較2

DP3 Merrillの発売までもうすぐですね。僕もワクワクしています。さて、プラハで撮ってみた三機種の画角違いの写真をもう一枚作ってみました。前にアップした画角違いのスタディは、遠景ベースだったのですが、これはDP3 Merrillのサイトにもアップしたもので、建物を基軸に見てみると、こんな感じ、という見本です。このスタディをフルサイズでご覧になりたい方はFlickrにもアップしましたので、そちらからご覧ください(原寸)。

一目瞭然なので、もう説明はいらないかと思いますが、3枚重ねている一番下が広角のDP1 Merrillで撮った写真です。その上にDP2 Merrillの写真を縮小しながら重ねました。さらにその上に、DP3 Merrillでの写真を同様に縮小して重ねています。

一番下になっているDP1 Merrillはかなり広い絵が撮れることがご理解頂けるかと思います。画面右にあるように立っている場所の横の壁も覆いかぶさるように画角に入れたり、パースの強い絵も撮ることが可能です。また、真ん中のDP2 Merrillの写真は、ほぼ標準レンズの画角ですので、簡単に言うと、見たままの感じです。この写真でも、教会と塔を見上げた感じが、そのままが撮れた感じがします。一番自然な画角ですね。■追記:ごめんなさい。DP2 Merrillは35mm換算45mm相当なのに、写真の中に41mmと書いちゃいました。とほほ。

一番上に重ねたDP3 Merrillの写真は随分と小さくなってます。これぐらい寄るんだなとご理解ください。この写真で言えば、右側の塔も入れられないかと思いましたが画角的に無理でした。逆に言えば、このように「切り取る」感覚で撮ることが出来ます。DP3 Merrillは「すごい望遠」というわけではありませんが、もう一歩近づきたかった、もうちょっと切り取り感を作りたかった、と、そういう思いをお持ちなら納得出来るのではないかと思います。

自分の写真世界を一歩深めるために、三機種からこれしかないと決めるもよし。二機種を選ぶもよし。三兄弟すべてを揃えるもよし。いずれにせよ、どうかご自分の「写真」を一段深めて行っていただけたらと思います。