Thursday, January 31, 2013

SIGMA DP3 Merrill : Debut

ティザーサイトでも告知していましたが、1月30日に、正式にSIGMA DP3 Merrillの発売日が発表されました。2013年2月22日に発売されます

この発売日決定の発表と、今日1月31日から始まった横浜でのカメラショー「CP+」に合わせて、これまでDP Merrillのシリーズで続けてきたコラム形式を踏襲したカタチでのスペシャルサイトと、実写ギャラリーを公開しました。

SIGMA DP3 Merrillというカメラ自体については、きっと、今後、さまざまな方々が、色々な面から評価をされて行くと思います。

僕はカメラ開発の中にいる人間ではないので、SIGMA DP3 Merrillという「カメラ」についての詳しい解説は出来ません。

僕はSIGMA DP3 Merrillというカメラを、この世にどのように紹介していくか。ただそこを手がけさせていただいただけですので、僕は「紹介するサイトが出来ましたよ。見てくださいね」とお伝えするしかありません。

ただ、このカメラは、シリーズのDP1 Merrillよりも、DP2 Merrillよりも、より強く、「写真」というものを際立たせていく力を持っていると思います。そして、その思いが、「作例」ではなく、「作品」を見せて行かなければならない、という、今回のコミュニケーションのコアコンセプトになっています。そして、その「作品」をどう具現化していくか…。そこで、セイケ・トミオさんという本物の写真家へのアプローチが始まりました。

SIGMA DP3 Merrillのサイトにある写真はすべてセイケさんが撮られた写真です(サンプルギャラリーの後半と、画角違いの写真は僕が撮りました)。

そのセイケさんの写真を、まずは楽しんでもらえたらと思います。

セイケさんが撮られた、この石畳の写真。そしてプラハ駅ホールのガラス窓の写真。我々が暮らしている街にでも、こういう場所は存在します。しかしセイケさんが撮ると別の世界が出現する。

セイケ・トミオという写真家が、なぜ世界で高い評価を受けているのか。美術館がパーマネント・コレクションとして買い上げていくのは何なのか。ロンドンのハミルトン・ギャラリーなど、世界最高峰の写真専門ギャラリーたちが、セイケさんの新作を心待ちにしているのはなぜなのか…。これらの写真を見るだけでも、その理由があきらかになってきます。

プラハで過ごしたセイケさんとの日々は、言葉にならないものを沢山経験しました。「写真」というものへの情熱。そして「写真」がどれほど素晴らしいか。そうしたことを本当に沢山学びました。それについては、あらためてこのブログに記して行きたいと思っています。

以下は今回のプラハでの撮影のサンプルギャラリーの撮影メモです。合わせてお読みいただけたら幸いです。

→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 1
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 2
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 3
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 4
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 5
→ SIGMA DP3 Merrill : 実写ギャラリー解説 6

→ SIGMA DP3 Merrill : オフィシャル ティザーサイト
→ SIGMA DP3 Merrill : オフィシャル スペシャルサイト
→ SIGMA DP3 Merrill : オフィシャル 実写ギャラリー


1 comment:

  1. スペシャルサイト、実写ギャラリーともに素晴らしい出来だと思います。
    ナイス・ジョブ~!!
    セイケ・トミオ師の潜在意識を刺激するかのごとき写真とFOVEONはまさに親和性の高い組み合わせです。ここへ目をつけられた福井さんも凄いです♪

    ReplyDelete